パレスチナから今年のオイル届きました

 

今年も新シーズンのフェアトレードな

オリーブオイルがパレスチナから届きました!

 

あれっ!?と思うかもしれませんが、

そう、ボトルとラベルが変わりました。

以前の四角いボトルではなく丸いワインのような筒状のボトルです。

大きく感じますが、同じ容量です。

 

もちろん生産者も同じです。

今年はパレスチナのアーラ村のユーニスさんのバルネア種のオリーブオイルです。

(昨年は、バルネア+コラティーナ+ピクアルでした)

バルネア種は「ほどよい苦さとスパイシーさで

緑の草の香りとピリッとした辛みがある」といわれるそうですが、

案外まろやかな味です。

 

テイスティング用語で昨年のオリーブオイルは「青リンゴの風味」で

今年のは「草の風味」なんだそうですよ。

「草」という表現ですが、別に青臭く感じる訳ではないです。

あくまでテイスティング用語なので、心配しないで下さいネ。

 

このオリーブオイルは、農薬も化学肥料も使っていない畑のオリーブを、

一粒一粒手摘みして収穫しています。

手摘みなのは、大切に育てたオリーブを傷つけないためです。

畑ごとに収穫されたオリーブはすぐに工場に運ばれ、

低温圧縮でオイルになります。栽培・製造の過程で一切の化学薬品を使わず、

加熱処理等もしていたないため、味や香りはもちろん、

様々な栄養分が損なわれずに残っています。

 

その成果が評価され、2016年のイタリア・パレルモのオリーブオイルの

国際コンペで「金賞」を受賞しました!

フェアトレードということではなく、味で勝負したい、

品質の良さを知って欲しいと、国際コンペに出品・受賞しているのです。

 

そんなパレスチナの美味しい

今年のエクストラバージンオリーブオイルをぜひご賞味下さいね。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です