横浜市の豊かな森が開発の危機!

 

横浜市栄区に、とても豊かな森があります。

そこは上郷・瀬上沢地区。

知っていましたか?

 

その森には、なんとホタルが自生し、

カワセミやオオタカが住まう、とても豊かな森です。

恥ずかしながら、そんな豊かな森が横浜にあるとは知りませんでした。

 

嬉しいですね、横浜にもそんな豊かな森があったなんて

鼻が高いです♪

なんて思っていられなくなりました。

 

実はそこの森が開発の危機にさらされているそうなんです!

木を切り、山を削り、谷を埋めて開発をしてしまえば

もうもとの豊かな森に戻すことは困難です。

 

実は、反対の署名が既に12万筆も集まっています。

にもかかわらず、横浜市は宅地・商業施設等としての開発を推し進めています。

(公聴会等でも反対意見が賛成意見を上回ったそうです)

 

そこで、そんな市民の声を住民投票で届けようというものです。

 

横浜市の緑地はどんどん減っています。

平成20年の市の調査で、市民の98.2%が

緑の総量維持、増加を求めているそうです。

そこで市は翌21年より、緑の保全・創出・維持を目的とする

「横浜みどり税」を導入したのです。

 

その「横浜みどり税」を利用して、

東急建設が所有する開発予定地を買い上げてもらう

という代替え案があります。

こういう税金はこういう時にこそ使って欲しいものです。

 

「横浜みどり税」を本来の目的にそって活用し、

開発予定地を買い上げる等、市民の声を反映したものになるように、

住民投票によって、計画の是非を決めることを求める署名を集めています。

 

市内のいろいろな駅前で署名活動がされているようです。

ただし、住民投票の署名ですので、横浜市民だけが署名可能です。

 

実は、slow slow slowでも署名をしていただけるスポットになりました!

ですのでぜひ!

 

署名期間は10月23日(月)〜12月10日(日)迄です。

 

詳しくは

Facebook 横浜のみどりを未来につなぐ実行委員会

twitter @midorimiraiykhm

HP www.livegreenyokohama.com

 

 

身近に素敵な森があります。

豊かなまま、次の世代にぜひともつなげていきたいですね。

 

 

 

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)