ホレボレする仕事の竹かご

 

と~っても丁寧な仕事の竹かごが入りました!
山崎陽子さんの竹かごです。
山崎さんは、東京で大分の竹細工教室に数年通い、
その後、京都の学校で竹の勉強ををしたそうです。
作りをみると大分の竹細工の感じが強く感じます。

 

そ・れ・に
よーく見ていただければ見ていただくほど、仕事がきれい!
職人としての技量とセンスが伝わってきますよー。

 

ぜひぜひ触って見て下さい~!

 

 

↑ 入れ子サイズの六ツ目かご。
深さがあるので収納にも便利です。

 

 

 

↑ 小ぶりなサイズの麻の目のかご。
茹でた枝豆をそのままザッとこのカゴに入れて
塩を振ってテーブルに、というのはどうですか?

 

 

 

↑ 何かと場所を取らずに使いやすい角型。
メイク道具入れに、ふきん入れにどう?

 

 

 

↑ 網代の蓋付き小箱。お弁当箱にもいいサイズ~。

 

 

 

↑ ディティールにホレボレします♪

Share